ピックアップ大将

2015年07月30日

SEYMOUR DUNCAN Blackouts AHB-1n

今日はSEYMOUR DUNCAN Blackouts AHB-1n をご紹介します。

SEYMOUR DUNCAN Blackouts AHB-1n

現在市販されている多くのUSA-madeアクティブハムバッカーは、
ディファレンシャルプリアンプに対してアンバランスドインプットを採用しているため、
ハムキャンセルの効率があまりよくありません。
Seymour Duncanのエンジニアは多くのプレーヤーが求めているアクティヴピックアップのトーンを、
バランスドインプットを使用して出すことに成功しました。
その結果、従来の物に比べてロー、ハイ、そしてアウトプットまでをも高くしながら、
ノイズを12db〜14db軽減させる事が出来ました。


前回、ご紹介したブリッジとセットで載せてみたのですが、
リアの音をそのままフロントに載せてみました!
というくらい似たトーンでした。
DUNCANのSH-1などは、「別物!!」というくらいトーンや弾いたニュアンスなどが変わってくるのですが、
Blackouts AHB-1nは、リア用のBlackouts AHB-1bを、そのままフロントに移動したような音です。
完全の同じトーンではないですが、Blackouts AHB-1bをイメージしていただいても構わないと思います。
EMGなどのローインピーダンスは電池無しのハイインピーダンス・ピックアップより変化が少ないと思いますが、
Blackouts AHB-1nは,その中でも、最も変わらないピックアップだと思います。
流石に、高域の鋭さはBlackouts AHB-1b

全体的なトーンの甘さはBlackouts AHB-1n

の方が強く出ますけど。

人によっては

「全然、ちゃうやん」

「お前がクソ耳」

と言われるかもしれませんけど。

私が同じように感じる最大の理由は、弾いた時の感触

「グシャ」

「グニョ」

「ヌチャ」

という感触に耳が囚われるからかもしれません。

この感触が少し異様で、
ハンバーグを素手で捏ねたことあります?
あの感触を思い出します。
肉を混ぜる時に、肉をつかんで指の隙間から

ヌッチョーーーー

と出る感触。

気持ち良いのか?気色悪いのか?
何かよく分からない感触なのですが、この感触に囚われます。
ほとんど音のレビューではなくて、申し訳ない。

クリーンは、少し音の密度は弱いと思いますが、とても暗く、切なさ、悲しさを感じます。
この辺はDUNCANらしさが満点です。
カッティングにはあまり向かないと思いますが、HR/HM系のアルペジオはハマル方が多いのではないでしょうか?
単音で適当に弾いていても悲哀感満載で、あなたを悲しみの底に誘ってくれる!  かもしれません。

EMGがアメリカン・爽やか系だとしたら
Blackoutsはブリティッシュ・ウエット系ではないでしょうか?

ここまで、誉めておいてナンですが・・・・・・
けして、悪くは無いと思うのですが・・・・・・・
飽きるのは早いと思います。

EMGと比較して、最初に購入するのならEMGの方が良いと個人的には思います。
ソロしか弾かないという方ならBlackoutsでも良いかもしれませんが、
あまり融通が利かないピックアップなので個人的に二択択nになるとEMGの方が勧めやすいですね。

載せ代えた当初は、トーンが変わるので面白い、楽しいと思いますが、
1年も弾いてると・・・・・・

「やっぱり、EMGの方が・・・・・・良くね?」

という、あなたの姿を思い浮かべるのは、私だけではないはず。


SEYMOUR DUNCANピックアップのレビューを見る

SEYMOUR DUNCANピックアップをサウンドハウスで探す(最安値)

YAHOOショッピングでDUNCANピックアップを探す


「参考になった!!!!」

 と思った方はポチッと応援お願いします。

       ↓ 
 人気blogランキングへ



 







ピックアップ大将HP(目指せ元帥!)

ピックアップ占い(のつもり)


posted by ぐーぴーぐーぴー at 16:04 | Comment(0) | duncan ハムバッカー

2015年07月11日

YOUNG GUITAR 2015年 08月号 アーティスト・ピックアップ研究報告

YOUNG GUITAR (ヤング・ギター) 2015年 08月号




いつも、お世話になっている、めがてつさんから、ヤングギターの情報が!!
(ありがとうございます^^)

通算15作目のオリジナル・スタジオ・アルバム『SHOCKWAVE SUPERNOVA』を完成させた“プロフェッサー”が本誌付録DVDに再び登壇!! 世界最高峰の“ギター講義”を本誌独占開講!!
ジョー・サトリアーニ

■インタビュー:『神曲』をモチーフに4年ぶりの新作をリリース
マイケル・ロメオ / シンフォニー・エックス

■来日特集:奇跡の邂逅も果たした怒涛の来日公演を完遂!
マイケル・シェンカーズ・テンプル・オブ・ロック

■来日特集:特別対談、ライヴ&機材レポを含む来日公演特集!
インペリテリfeat. Chris Impellitteri & TERU(Jupiter)

■追悼特集
偉大なる“伝説のブルースマン”の業績を振り返る
The Heritage of B.B. King B.B.キング

■DVD試奏:憧れのギタリストのサウンドへ近付こう!
アーティスト・ピックアップ研究報告

と、情報満載の今月号のヤングギターですが。
個人的に最大の注目は、
アーティスト・ピックアップ研究報告
ピックアップを代えたぐらいで憧れのギタリストと同じ音にはなるとは思いませんが、
近づくことは可能かもしれません。
DVDに音源も入っているようなので購入するしかないですな。
テスターの方が、適当な演奏をしてくれているのを願います。
力入れて上手く弾かれると、あんまり参考にはならないんですよね。


めがてつさんから、サトリアーニ和尚がピックアップを代えたと!!!!
和尚、あんた、この間DIMARZIOからフロント専用のピックアップが発売されたばかりじゃない!

なんだろう?なんだろう??


まさか、新型?サチトラック2か?

いや、ベースとなったProTrackに戻した?

ひょっとすると、DUNCAN?
以前、PearyGates載せたこともあったからな〜〜
CoolRailあたりか?


まさか、まさかの・・・・・・・・

写真をよく見ると分かるかも??
分からない人は、本屋へGO!

にしても、和尚はエッジが好きですな〜
一時はロープロ・エッジに載せ変えたのに。
私はロープロ・エッジの方が弾きやすくて好きですけど。


「参考になった!!!!」

 と思った方はポチッと応援お願いします。

       ↓ 
 人気blogランキングへ




 







ピックアップ大将HP(目指せ元帥!)

ピックアップ占い(のつもり)


posted by ぐーぴーぐーぴー at 12:54 | Comment(0) | ひとり言



Original Album Classics・シリーズ
icon iconicon iconicon icon