ピックアップ大将

2016年01月27日

ピックアップ大全(総集編) 聴いてみました

この間、例の本を聞いてみたのですが・・・・・・

(コイツね)

P-90、テレキャスの音を聴いてみたのですが・・・・・

「え?これ?P-90?」
「なに??? これ、テレキャスじゃないだろう!」と

特にテレキャスター用は

「おいおい、どう聴いてもレスポじゃん!」

みたいなのが多い多い。
ジミーペイジがテレキャスからレスポールを使い始めた理由の一つに
「レスポールがテレキャスターに似ているから」
というのがよく分かる。
当時のテレキャスターは今とは配線も違っているし、
巻き数が多いというの点が大きいと思いますが・・・・・


シングルやハムバッカーは、色々所有しているので、
スタンダードなシングル
スタンダードなハムバッカー
と比較して

「あ〜〜〜 だ」
「こ〜〜〜 だ」



話しやすい、イメージしやすいのですが、
テレキャスやP-90は・・・・・
馴染み無いので
多くのピックアップが

「え????」
「何これ???」

状態に陥ります。


各メーカー色々と個性が合って面白いのですが、
ダンカンおじさんのとこのスタンダードな商品は、

さすが!!!!

と、思いました。

テレキャスターのSTR-1、STL-1
P-90のSP-90n、SP-90b

を聴くと、

「お〜〜〜これこれ、これがテレキャス!!」
「そうそう、P-90って、こんな感じだよね」

と。

悪く言うと

「無難」
「普通」
「面白くない」

が、そこが素晴らしい。

ダンカンおじさん、いい仕事としているな〜

と感心します。


派手な味付け、個性的なものは強調されていないのですが、
標準となるサンプルとしては最高の製品なのではないかと?
(個人的には+αの良さがあると思います)


これから、この本を聞く方は、
DUNCANのスタンダードな製品を聞いてから、
他のピックアップを視聴すると良い参考になると思います。


「参考になった!!!!」

 と思った方はポチッと応援お願いします。

       ↓ 
 人気blogランキングへ



 







ピックアップ大将HP(目指せ元帥!)

ピックアップ占い(のつもり)


posted by ぐーぴーぐーぴー at 15:26 | Comment(0) | ひとり言

2016年01月16日

Welcome to niconico

正月に上げた曲を。
ニコニコの現状を歌った自信作だったのですけど・・・・・・再生数が全然、伸びない(笑)
現実とはいつも残酷ですなー。
皮肉が効いている傑作な歌詞だとおもうのですが(笑)毒舌すぎるのですかね?



バッキングはEMG85
ソロはDUNCAN Perpetual Burn(弾きやすくて、最近一番のお気に入りです)

を使ってみました。

「参考になった!!!!」

 と思った方はポチッと応援お願いします。

       ↓ 
 人気blogランキングへ




 







ピックアップ大将HP(目指せ元帥!)

ピックアップ占い(のつもり)


posted by ぐーぴーぐーぴー at 13:34 | Comment(0) | ひとり言

2016年01月10日

EMG 66

今日はEMG 66をお送りします。

EMG 66

EMG 66は現代のミュージシャンからの色々なニーズやリクエストからインスピレーションを受け、
幅広いジャンル・プレイスタイルに応じ作られた革新的なピックアップです。
EMG 66はEMG 57のコンセプトを用いりネック用に作られ、
EMG 57と同じ長さの2.5インチのアルニコ5マグネットとセラミックポールピースを採用しております。
アルニコ5マグネットは暖かみのあるスムーズなミッドレンジ・深いローを生み、
セラミックポールピースはより鮮明な高音域届けます、この組み合わせによりEMG 66は更に幅の広い音を創り出します。
EMG 66はどの楽器にもモダンでスマートに見えるようにEMG特製のブラッシュドスチールカバーが採用されており、
デザイン・トーン共にネックポジション専用に作られています。
ブラックカバー仕様も追加されました。


最初は60を単純に改良したものと思っていたのですが、
メーカー説明の通り57をフロント用に調節したものですね。
個人的には60シリーズをベース設計した方が良かったのかな?という気もします。
66はバー+セラミックのポールピースのためかフロント用にしては音圧がありすぎるように思います。
実際の立ち上がりは遅くは無いのですが、
「よっこらしょ」と音が立ち上がるような印象を感じるので、
聴感上、遅く感じてしまいます。


そして、音が太いですねー
さすがに、DUNCANのSH-8 インベーダー・ネックほどではないですが、
85に近いくらいの太さを感じます。
ただ、85のように音のレンジ、味付けで太いというのではなく、
構造から来る特性のように感じます。


低音は57と同じように、
85よりは細く、81よりは太いです。
レンジや音圧などは85に近いものを感じます。


そして、60シリーズをやたらと弾いていたので・・・・・・・
使いにくい。
私はリアは85派なのですが、
フロントの85は、
「有りえない!!」と思っているので、
「う〜〜〜〜〜〜ん」と、うなってしまいます。
(ダークな音色だけは素晴らしいのですけど)
レンジは狭くは無いのですが、音圧や低域が目立つので音が丸く感じます。


クリーンも格別使いやすいかと言うと・・・・・・
そうでもない。
特に印象的か?と言われると・・・・・・
そうでもない。
60のように明るくもないし、
85のように暗くも無い。
う〜〜〜〜〜ん・・・・・・・微妙。

歪みもクリーンも暗いには暗いのですが、
もう一声暗いと印象はもっと変わったと思います。


と、ボロクソ貶しておいてなんなんですが、
弾いた時の感触はEMGの中でも好ましく思いました。
ポールピースの有無が影響していると思いますが、
EMGにしてはピッキングしたとき情報量が多くニュアンスが出しやすいと思いました。


ピックガード付きストラトのセンと言う、
ギターとの相性が悪かったのかもしれませんが、
低域がもう少し少なければ・・・・・・
情報量が多いところが、とても気に入っていたのですが・・・・・


丸く太いトーンを求める方には良いかもしれませんが、
ヌケやキレ、高域を必要とされている方は気をつけたほうが良いと思います。


個人的には、この構造、この弦を弾いた時の感触を残したまま、
60・シリーズのような明るいトーンか
85のように暗いトーンのモデルを作って欲しいと思いました。


EMGピックアップのレビューを見る

EMGピックアップをサウンドハウスで探す(最安値)

EMGピックアップをYAHOOショッピングで探す


「参考になった!!!!」

 と思った方はポチッと応援お願いします。

       ↓ 
 人気blogランキングへ



 







ピックアップ大将HP(目指せ元帥!)

ピックアップ占い(のつもり)


posted by ぐーぴーぐーぴー at 12:45 | Comment(1) | EMG

2016年01月04日

ピックアップ大全(総集編)

ピックアップ大全の総集編が発売されました。
今回はテレキャス,P-90を中心に、以前のシングル編、ハムバッカー編から選んだ物の組み合わせのようです。


■SETTING FOR RECORDING OF SPECIAL APPENDIX DVD-ROM
 付属DVD-ROM収録音源の録音環境について
 ■COMPARISON OF EXISTING PICKUPS
 現行ピックアップ103セット弾き比べ!
 ★Single-Coil Size Pickups for Stratocaster
 ★Humbucker Size Pickups
 ★Single-Coil Size Pickups for Telecaster & P-90 Size Pickups
 ■HOW TO LISTEN TO SUPPLEMENT MUSICAL DATA TO THIS BOOK
 本書付属DVD-ROMの楽しみ方
 ■SPECIAL APPENDIX DVD-ROM INDEX
 特別付録DVD-ROM収録トラック
 ■DATA OF EXISTING PICKUPS 103 SET
 試奏ピックアップ103セット詳細データ
 ■OTHER EXISTING PICKUPS CATALOGUE
 その他の現行ピックアップ紹介
 ■STRUCTURE OF ELECTRIC GUITAR PICKUPS
 ピックアップ開発者インタビュー
 ■GUIDANCE OF ELECTRIC GUITAR PICKUPS REPLACEMENT
 ピックアップ交換の手引き
 ■APPENDIX:USEFUL WIRING DIAGRAMS
 即戦力配線図12選

103個もあるのかーー
聴くだけでも一仕事ですな〜


人気blogランキングへ



 







ピックアップ大将HP(目指せ元帥!)

ピックアップ占い(のつもり)


posted by ぐーぴーぐーぴー at 15:12 | Comment(0) | ひとり言



Original Album Classics・シリーズ
icon iconicon iconicon icon