ピックアップ大将: DIMARZIO DP166 Breed Bridge・・・・・我がまま大王?

2008年11月06日

DIMARZIO DP166 Breed Bridge・・・・・我がまま大王?

今日はDIMARZIOのDP166 Breed Bridgeをご紹介しましょう。



スティーヴ ヴァイのIbanez/JEM "Pogo" ギターに、マウントされている事で有名なこのピックアップ。彼のモデル Evolutionと比較し 10%程パワーを押さえ、ネック側よりも更にミドルとベースをブースト。両サイドのピックアップでマッチングした、よりヘヴィーなサウンドを出すことを可能にした。JEM "Pogo" は、センターのシングルコイルピックアップとハーフトーン時に、ハムバッカーが自動的にコイルタップされるように配線の工夫がされている。

ただのハーフではなく、リアルなあのシングルコイルのハーフトーンが得られるように「 デュアルレゾナンスコイル」によってピックアップをデザインしてある。またハーモニクスがよりクリアーに拾えるようになっている為、豊かなトーンキャラクターを持つ。

結果的に完成した音は、彼がサウンドメイクの為に用意した多くの機材と知識や技術があってこそではあるが、彼のギタープレイの表現力のパートナーとして数々の名曲と共演してきたピックアップである。



今までBREEDを紹介するのは迷っていました。
それは何故か?

あまりにも載せるギターによって左右されると感じていたからです。
EVO2を紹介するのにどうしても紹介しておかないと・・・・・



私が一番最初にBREEDを弾いたのは楽器屋さんで↑こいつでした。
確か色が青緑だったと思ったのですが?
10年以上前だったので記憶があやふやで申し訳ありません。


「お〜〜〜〜、いい音!!」

「滑らか〜〜」

「音圧充分!!」

「ウォームで温かみのあるトーン!!」

「ニュアンスも出まくり!!!」

まぁ、ギターのお値段が値段なのでいい音は当たり前なのですが。

その後、BREEDセットを購入して、
主にテストに使うアルダーのフロイド・ローズ付きのギターに載せたのですが・・・・・・


「何じゃ、こりゃ〜〜」

「ペラペラ、あの音圧はどこへ行った〜〜〜」

「・・・・すんげ〜〜〜単細胞、あのニュアンスは?」

「欠陥品か?」

「ギターの性能か・・・・・」

と言うことで、すこしはお高級なコンポのメイプル・バディー!!へ




「へっ・・・・・もっとスカスカ・・・・マジッすか〜〜〜」


じゃ、ヴァイ先生のコイツならどうだ!!



「う〜〜〜ん、少しはマシだけど・・・・なんか違う!!」


メーカーのアナウンス、ヴァイ先生の言うとおり、
「やっぱり、バスウッドでないと駄目なのかな?」

ということで、サトリアーニ和尚モデルのこいつに載せたら



「!!!!!これだ、これ!!これ!!
さすが、ヴァイ先生。
エディーみたいに大嘘ぶっこかない!!」


と、彷徨うこと数ヶ月、BREED兄弟は安住の地を見つけました(今は外してありますけど)

まぁ、ここまでは極端な例かもしれませんが、
こんなにもボディー材に左右されるピックアップだとは思ってもいませんでした。
考えられる原因は、

私の弾き方とBREEDの相性が合わない

最初に弾いたBREEDのイメージを追い求めすぎた

可能性がとても高いと思いますが、
ミッドからハイ・パワーのピックアップにしては繊細な奴なのかもしれません。



と前置きが長すぎましたが音の話へ



多分、最も近いレンジなのが旧型のスーパーディストーションかもしれません。
違いはパワーが2割ほど低く、汚い&濁りが無くなっている点が大きく異なっています。
歪ませてコードで弾いても分離が良く歪みの粒が細かいのでダマになることはないので使いやすいピックアップだと思います。


中域が一番盛り上がっていて、サスティンも中域の伸びが気持ちいいです。
音圧、密度も充分あり薄く感じることは無いと思います。
中域にサスティンが強く感じる分、高域のサスティンが弱く感じます。
ニュアンスや角度、ピッキングポジションの違いもパワータイプの割りには出てくれます。
ウォームで柔らかめなトーンで粘りも強いピックアップです。

マッチングさえ間違わなければバランスが良く使いやすいと思えるピックアップなのですが・・・・
やたら、ギターを選ぶと言おうか・・・・
私との相性が悪いだけか・・・・・
EVOもイマヒトツ好きではないのですよね〜〜



DIMARZIOのパワータイプのピックアップと比較すると

1,2弦のEVO
3,4弦のBREED
5,6弦のToneZone
あたりが弾いていて一番気持ち良いポイントかと。



全音符がEVO
8分音符がBREED
16分音符がToneZone
(X2Nは32分音符)
を弾きたくなってきます。


クリーンは

EVOがシャリ〜〜ン
BREEDがパリ〜〜ン
ToneZoneがブリ〜〜〜ン
X2Nはゴブリ〜〜〜ン)



悪いピックアップではないと思うのですが、何故かあまり売れていないようです。

高域の強さはEVOというハムバッカーとしては強烈な高域と異様に伸びるサスティンを持っているのがいます。

低域は唸るようなTONE ZONEに挟まれて・・・・・

ニュアンスに絞ればPAF-PROなどに敵わないですし・・・・

多分、「絶対,BREEDでなくてはいけない」というインパクトが不足しているのではないでしょうか?

ちょっと中途半端な位置にいるのかもしれません。



否!!

「ただ、単にお前の腕が悪い!!」


う〜〜〜ん、否定できない。


DIMARZIO DP166 Breed Bridgeのレビューを見る


DIMARZIOピックアップをサウンドハウスで探す(最安値)








posted by ぐーぴーぐーぴー at 22:47 | Comment(10) | TrackBack(0) | DIMARZIO ハムバッカー
この記事へのコメント
こんばんは!

そうそう、ジェイク・フェイクですよぅ、ジェイクの技 って意味ですもんね!
フェイク・ジェイクじゃぁ〜、いかさまジェイク、偽者ジェイクになっちゃいますかぁ〜。
20年振りくらいに使った言葉ですから、勘弁してください・・・。
(ジェイク フェイク で検索したら熱いサイトが出てきますね。)

ブリは載せるギターを選ぶって言いますね。(VAI仕様のEvo兄弟もそうですが。)
ブリはバスウッドボディ・ローズ指板のJEMでレス・ポールの音、ってコンセプトですからねぇ。

ブリのネックはトーンチャートでは低域が強調されているので、ブリッジ側に積んだらどうでしょう?
フロントはパフ・プロ、エヴォ・ネック、パフ・ジョーあたりで。
ブリは持っていないので、チャートからの判断です。


PS
X2Nはゴブリ〜ンはツボでしたYo!
Posted by Tack at 2008年11月07日 20:06
コンコン♪こんばんは!最近ペースがはやいですね。またまたディマいじめ、あの頃はDVDもない時代で・・それがいまではネットで落とせる。
すごい便利な時代になりましたね。
 ホットノイズレスはまだぶった切ってないのでは?来週あたり、お願いします。
 明日から寒くなるようです。
みなさん、風邪には気をつけて、コタツをだしましょう! しかし、あたくちは何十年とコタツを使ったことがないのです。
Posted by PU係長 at 2008年11月07日 23:01
昔PU交換されてるJEM7BSB(ほぼ無塗装のバスウッドボディ)に
トーンゾーン載せたらカスカスでした。
あれにはブリードを載せればよかったんですねえ。
Posted by Kusamura at 2008年11月08日 00:13
ご挨拶を忘れてました。
はじめましてみなさん。

>PU係長さん
ホットノイズレス!
使用してるギタリストの方に影響されてアメスタに載せましたが満足してます。
ニュアンスも出せますしパワーがありすぎたりもしないのでいいPUだなあと感じてます。
Posted by Kusamura at 2008年11月08日 00:16
みなさん、もはようございます。クサムラさん、あたくちにこめんとありがとうございます。あたくちも持ってまつがジェフ本人がアルニコのサーが作ったPU載せてるじゃないですかぁー、ジェフと同じものほしいなぁ。DVD発売中止になってしまいました。さすがジェフ来年の公演に期待がふくらむのでした。
ところで「GTZさーん」生きてますかぁー
どうやってトム爺のPUを3分の1でかえたんでつかぁー?
Posted by PU係長 at 2008年11月08日 10:34
もはようございまつ。クサムラさん、コメントありがとうございまつ。ジェフはいまアルニコのサーの手巻きPU使ってるじゃないですか?なんかホットが気にいらなかったのかなぁー、なんて
思ったりするわけですよぉー。イングベイはホットでないほうのセンターとリアのミックスサウンドをいい音だと賞賛してまつ。「チェロキーウォリアー」って曲できけますね。マグネット変えちゃおうかな、18個かぁー、けっこうしんどいかも・・
Posted by PU係長 at 2008年11月08日 10:46
>PU係長さん

ええジェフは今ホットノイズレスじゃないらしいですねw
ジェフも大好きなんですけど僕の言ったギタリストってのは実はジェフではなくて是方博邦さんのことなんです。
彼は少し前までレギュラーのJBストラトをメインで使用されていたみたいなんですが
そのハードウェア、サーキットを気に入って所有する63年製のビンテージストラトにローラーナット、スタンダードトレモロ、PU、コントロール、まるごと移植したらしいですw
是方さんのスタイル、サウンド大好きなんで同じものを載せたんですが好みの音が出て大満足です。
Posted by Kusamura at 2008年11月09日 00:58
PU係長さん、お久しぶりでございます^^
しばらく死んでました…
いや、今も死んでます。
体壊してから時間経ってもあまり良くならないし、新しく買ったMACは調子悪いし…
と、良い事ありませんorz
トム爺さんのPUは、PU係長さんがお安く譲ってくれたからこそ!ではありませんか^^
他のPUも(VooDoo HB NEW、BB1・2、Lindy59等)購入しましたが、今ではH453にゾッコンでPUを外す気にならなくなってしまいました^^;
ので!サブで使ってるTALBOに載せる予定です^^

あっ!あのH453は何年くらい前のものでしたっけ?
Posted by GTZ at 2008年11月09日 15:26
こんばんは!

次はEvo2ってことですね。
Evoシリーズはほんと、VAIの音ですねぇ〜。
オイラは、スーパーディストーション・Super2・同3の進化版って感じます。(ピカチュウとライチュウ?)

スーパー3のピークをVAI好みにしたのが、Evoブリッジかなぁ〜っと。 
Posted by Tack at 2008年11月09日 15:37
ご無沙汰ぶりです。

USAサイトを覗くと、Breedが消えています。

https://www.dimarzio.com/
Posted by Tack at 2019年12月22日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック



Original Album Classics・シリーズ
icon iconicon iconicon icon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。