ピックアップ大将: トレムバッカーとFスペース

2006年08月15日

トレムバッカーとFスペース

こんばんは。
ぐーぴーぐーぴーです。

今日はトレムバッカーとFスペースについて書いてみようと思います。
トレムバッカーとはduncan、dimarzioはFスペースと呼ばれていますが両方とも同じ目的のために作られたピックアップです。

皆さんご存知かと思いますが、そもそもハムバッカーはギブソン・レスポールに搭載するために作られたピックアップです。
エディー・ヴァンヘイレンの登場以降、ストラト+ハムバッカーというスタイルが定着しました。
どうしても、ストラトにノーマル・サイズのハムバッカーだと1弦、
ないし6弦がポールピースの上を通らないために、
パワーダウンしてしまいます。
パワーダウンを修正するためにポールピースの間隔を少し拡げたのが、
トレムバッカーとFスペースと言われるピックアップです。
posted by ぐーぴーぐーぴー at 22:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | ひとり言
この記事へのコメント
なるほど・・・。勉強になりました。
普通のハムと比べて、サイズの差はあるのでしょうか?
多少トレムバッカーの方が大きい、という話をどこかで聞いたのですが。
Posted by ゴマ at 2011年09月03日 17:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック



Original Album Classics・シリーズ
icon iconicon iconicon icon