ピックアップ大将: VANZANDT VINTAGE PLUS お高級シングルシリーズ 第5段

2008年04月16日

VANZANDT VINTAGE PLUS お高級シングルシリーズ 第5段

今日はお高級シングル・コイルシリーズ第5段として、
VANZANDT VINTAGE PLUSをご紹介します。




'62ヴィンテージ・ストラトのサウンド、マテリアルを完全に再現。
枯れたそのヴィンテージ・サウンドが特徴。



多分、本来ならVINTAGE PLUSこそが、
「FENDERの目指すべきヴィンテージサウンド」なのではないかと・・・・・

FENDERにはCustom Shop '54 STRATという鈴鳴りのする素晴らしいピックアップがあるのですが、
「ヴィンテージ的な枯れ方」は、ほとんど皆無です。

FENDERがヴィンテージ的な音を狙うとしたらTRUE VINTAGEでは繊細すぎるので、
追求するとしたらVINTAGE PLUSあたりに落ち着くのではないかと個人的には感じています。

FENDERって良くも悪くも「アメリカンないい加減さ」がありますよね。
(えっ!そんな風に考えるのはお前だけだ!!って)
TRUE VINTAGEだと上品でデリケートすぎて何となく違うかな?と感じます。

なので、VINTAGE PLUSあたりが「FENDER」らしいのではないかと勝手に思っております。


VINTAGE PLUSも枯れた味わいが漂う「大人のシングル?」的な落ち着いた雰囲気ががあります。
ただ、枯れていると言ってもDuncan ANTIQUITY Texas Hotシリーズほど枯れまくっているわけでありません。

普通のシングルより「枯れ」を感じるレベルです。

TRUE VINTAGEより低域がもう少し太く、
中域も一回り太めに感じます。
高域やハイエンドはTRUE VINTAGE方がヌケは良く聴こえますが、
線が細くデリケートに(弱く?)感じると思います。

名前の通りTRUE VINTAGE

「真のヴィンテージ」
を目指しているとしたら、


VINTAGE PLUSも、
やはり名前の通り

「ヴィンテージにパワーを(ほんの少しだけ)加えた」
モデルと考えて良いと思います。

とは言っても、VINTAGE PLUSも充分繊細で、
VINTAGE PLUSをベースに改良した
BLUES,ROCKより遥かにデリケートなピックアップと言っても良いと思います。


ぐーぴー的にはTRUE VINTAGEの方が好きなのですが、
VINTAGE PLUSの方が、
オールマイティーに利用できると思います。


ハイパワーのセットには向きませんが、
ヴィンテージ系からPOPS系まで利用度は高いピックアップですので一台持っていても損はないと思います。


いつもVANZANDTのピックアップを弾いて感心するのですが、
ノイズはけして小さくないのですが、
思っている以上に目立たない・感じないと思います。





posted by ぐーぴーぐーぴー at 23:06 | Comment(5) | TrackBack(0) | VANZANDT
この記事へのコメント
どうも。日課の散歩です(^o^)/pっ

このページ、私のためにあるようなページです。
Vanzandt好きな私としては以前からずっと気になってるVin PlusとBlues,Rock…

でもですね、
いろんなレポや説明見ても、True Vintageにしか用がなさそうな気がするんですよね。
ぐーぴーさんのレポ読んでも「やっぱりか」と確信しただけでした。
「ちょっと試す」にはキツイし、やっぱ私はTrue Vintageですね。
おかげで悩まなくてすみます〜(^_^;)
Posted by つん太 at 2008年04月19日 04:10
毎度お疲れ様です

いきなり質問で恐縮ですがグーピーさんが考えるところの「枯れ」とはどんなイメージ、音質ですか?
このblogによく出てくる単語ですので正しくその表現を理解したいと思いまして
Posted by チャンタイ at 2008年04月19日 07:58
また拝見させていただきました。
応援ポチッ!
Posted by サトシ at 2008年04月20日 17:12
つん太さん、こんばんは。
やっぱり、PUはお高こうございます。
もう少し安ければ、
「あれも買って、これも買って〜」
と色々買えるのですが。

VANZANDTはTrue Vintageですよね〜
私も一番好きです。


チャンタイさん、こんばんは。
一応、ブログ本文にアップしてみました。
私は、あんな感じに考えています。


サトシさん、「ポチっ」とな〜、ありがとうございます。
これkらも応援よろしくお願いします。
Posted by ぐーぴーぐーぴー at 2008年04月20日 23:09
はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
現在アルダーボディ、ローズウッド指板のストラトでSuhrのFLをフロント、センターに載せています。
レスポンス、バランスの良さは好みなのですが、ウエット感が強く、ピックアップの交換を考えております。
枯れてかつある程度太さがあるPhilip Sayce的なサウンドで、インピーダンス的にも6k程度と使いやすそうなVanzandt Vintage Plusに惹かれています。
他にもLindy FralinのReal 54'のOver Wind版、Raw VintageのRV-5661、SheptoneのHandwiring agedなど候補がたくさんあり、迷っています。
これがお勧めというものや、これ以外にお勧め等ございましたらご教授いただければ幸甚です。
長文失礼いたしました。
Posted by mu_e_x at 2012年09月09日 13:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック



Original Album Classics・シリーズ
icon iconicon iconicon icon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。