ピックアップ大将: EMG

2016年02月20日

EMG SLV

今日はEMG SLV をお送りします。




EMG  SLV

EMGとSteve LukatherとのコラボレーションによりSteveのためにデザインされ開発されたEMG-SLV。
SLVの特徴であるアルニコ5・フラットポールピースによる自然なサスティン、レスポンスに磨きをかけ、
ピッキング、フィンガリング・ニュアンスに対するセンシティビティを極限まで高めました。
また、プリアンプには EMG-SA や SAV ピックアップに搭載されているEMGピックアップの心臓部とも言える
オリジナル・プリアンプをコンバートして、 クリーン&クリアなEMGサウンドを継承しました。


ルークはまめと言うか、いい人ですねーー
ルークは昔からEMGとゆかりが深く,EMGを有名にしたのもルークがいたからでしょうね。
ルークがいなかったらEMGもどうなっていたことか?
もともと85も57はパワーが少なく、ノイズ、何とかならん??というルークの意見を取り入れれて完成したモデルですし、
SAVもMusicmanのルークモデルに載せるためにオーダーされたモデル。
そして、このSLVもルークのために作られたモデルです。
どこかのアンチャンとは違って、ちゃんと使ってくれるルーク、いい人ですね〜
どこかのアンチャンはラリーおじさんに幾つも専用モデルを作ってもらいながら・・・・・・・・放置プレイ。


音の話に言ってみましょう。
最初は、SAVのことは忘れていてSAと同じバータイプのマグネットが採用されていると思ってました。
アタックの感触に違和感が・・・・・

アタック強くね?
アタックでかくね?
アタック飛びすぎてない?

で、調べてみると・・・・・・

あーーーーSAVと同じ構造か。

私のルークのイメージも88年で終わっているので、ミュージックマンよりヴァリーアーツのイメージ。
ロボットではなくキルト・バリバリの赤のサンバーストなんですよ。
なので、SAの巻き数を調整して作られた物だとばかり思っていました。

もう、SAVも弾かなくなって10年近く経つのであまり覚えていないのでSAとの比較を。
(・・・・・・早い話、あまり気に入っていないと)
たぶん、多くの皆さんもSAとの比較の方がイメージしやすいと思います。

SAより音圧、前出のアタック、サスティンも増しています。
相対的にSAより2声くらいパワーが上がっているように思います。
全般的にサスティンは上がっているのですが、
パワーが上がっている分、SA特有の高域がシャリーンというサスティンは弱まっています。
(シャリーンというのは少々、大袈裟かもしれませんが)
これは、パワーが上がっているのでレンジがすべて低域側へシフトしたというのもあると思いますが、
アタックがゴツンという感じに出るようになったのも影響していると思います。
どうしても、音が立ち上がった瞬間のアタックの部分に耳が行ってしまうために余計に感じてしまうのでしょう。

個人的にはSAはクリーンやカッティングなどは使いやすく思うのですが、
ソロは少しパワーが弱く感じるので少々使いにくいと思うときが多々あります。
そのパワーの弱さが解消されており、ソロでも充分使える!(フロントしか試してませんが)

私的にはとても気に入りました。

フロント SLV
センター SA-X
リア     85

を、オールマイティーに使えるセットとして推していこうか (笑)と思っています。



EMGピックアップのレビューを見る

EMGピックアップをサウンドハウスで探す(最安値)

EMGピックアップをYAHOOショッピングで探す


「参考になった!!!!」

 と思った方はポチッと応援お願いします。

       ↓ 
 人気blogランキングへ



 







ピックアップ大将HP(目指せ元帥!)

ピックアップ占い(のつもり)


posted by ぐーぴーぐーぴー at 15:16 | Comment(0) | EMG



Original Album Classics・シリーズ
icon iconicon iconicon icon