ピックアップ大将: FENDER

2010年12月14日

FENDER HotNoiseless Strat

今日はFENDER Hot Noiseless Strat をご紹介します。

FENDER  Hot Noiseless Strat

ジェフ・ベックのためにデザインされたモデル。
よりハイゲインに設計されており、暖かくパンチの効いたノイズの少ないサウンドが印象的です。



以前、FenderのSCNを試してみて、あまりの出来の良さに驚き、
HotNoiselessも気になっていました。
実はVintgaeNoiselessがイマイチだったので、
HotNoiselessは、
ず〜〜〜〜〜っと、スルーしていました。
さて、今回のHot君は
Vintageちゃんのように駄目子ちゃんか?
SCNのような絶世の美女か?

はじまり、はじまり〜〜〜
凄く大雑把ですが、
レンジもニュアンスの出しやすさ、パワーなど
VintageNoiselessとSCNの中間に位置していると思います。
シングルにしては平均より太めで、
音も大きく、
枯れたトーンが目立つのですが、
ハジケルようなハリが消されているというか、
相殺されている感じがします。

トーンで最も耳につくのは、極端に枯れた不自然に枯れたトーンです。
VintageNoiselessの枯れたトーンを4,5倍ほど大袈裟にして前面に押し出したトーンです。
DIMARZIOの「合成された枯れたトーン」とも異なる、
「うそ臭いような」
「無理やり枯れさせました」
というような不自然な枯れ方をしているので、
DUNCANなどヴィンテージを売りにしているメーカーとは異なる枯れ方です。
この枯れたトーンはゲインが上げれば上げるほど目立ってきます。
「HotNoiseless」というより「BigVintageNoiseless」という方が適切かも?
枯れたトーンが前面に出るので「HOT」というほど熱さや派手さなどは感じません。
VintageNoiselessの音を大きくしたトーンというのが適切かもしれません。


ハイエンドのお辞儀する感じは有るのですが、
お辞儀する辺りに、この不自然な枯れトーンがあり、
しかも、前面に出るので気にならない・・・・・
というか、誤魔化されるというか・・・・・
とても上手く騙されている感じがします。
絶妙なセッティングです。


音が直線的に立ち上がった後に、
枯れたトーンが乗ってくるような・・・・・・
良いのか?悪いのか?
使いやすいのか?使いにくいのか?
よく分からないのですが、弾いていて面白いピックアップだと思います。



クリーンにするとハイエンドのお辞儀するトーンを感じるようになるので、
スタック・タイプというのが分かります。ります。
枯れているというより、濁っているように感じます。
もう少しクリアーでナチュラルなトーンであれば・・・・・・・

ただ、VintageNoiselessよりパワーが強くなった分、ノイズも多く目立ちます。
知っている限りスタック・タイプでは最もノイズが大きいと思います。
SCNがノイズレスだっただけに残念です。


化け物ピックアップのSCNを弾いた後に比べると、
すべての点で劣るように感じますが、
平均的なピックアップよりは使いやすいと思います。
シングルらしいハジケるトーンが必要な方は止めておいた方が良いかもしれませんが、
不自然なくらい極端に枯れたトーンは、
これはこれで個性的でとても面白いと思います。
ただ、「1セットあれば良いかな」というのが正直な感想です。



FENDER HotNoiselessをYAHOOオークションで探す

楽天で★Hot Noiselessの口コミを見る★

FENDERピックアップをサウンドハウスで探す

「参考になった!!!!」

 と思った方はポチッと応援お願いします。

       ↓ 
 人気blogランキングへ



 







ピックアップ大将HP(目指せ元帥!)

ピックアップ占い(のつもり)


posted by ぐーぴーぐーぴー at 21:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | FENDER



Original Album Classics・シリーズ
icon iconicon iconicon icon