ピックアップ大将: gibson

2008年09月13日

GIBSON BURSTBUCKER PRO・・・・・どこがプロ? あっ、言っちゃった。

今日は、先日のテストのときに試したGIBSON BURSTBUCKER PROをご紹介します。

GIBSON BURSTBUCKER PRO

50's&60'sレスポール・スタンダードに搭載されているBurstbucker Vが「BurstBucker Pro」として遂に単体発売されました。
オリジナルのPAF同様にターン数を均一にせず、特有のエッジ感のあるトーンを実現。
Alnico Vマグネットを使用してヴィンテージPAFサウンドのニュアンスを残しつつ、より粘りとパワー感のあるトーンと、Wax-potting処理によるハウリングのない大音量でのリアルなヴィンテージサウンドを生み出しています。


珍しくレスポール魔人がヒストリック・シリーズではないレスポールを買ったのに搭載されていました。


こんなヤツでした。

BURSTBUCKER PROの1がフロント、2がリアに載っていました。


音は一言で言って・・・・・
「これがBurstbucker??」というのが正直な印象です。


BurstbuckerとBURSTBUCKER PROの違いはマグネットがアルニコ2かアルニコ5の違いとロウ付け加工しているかの差だと思いますが・・・・

というより、49系の音に近い、より厳密に言うなら
BURSTBUCKERと49系とを足して2で割ったような印象です。

BURSTBUCKERの持っている、コモった、奥まった、曇り気味な・・・・・
褒めてない?
いや、嫌、否、違うんですよ。
言葉に書くとコモってるとか、奥まったとか悪いように聞こえると思うのですが、
HM専用に使うのでなければ、この味わいは「Burstbuckerシリーズ特有の個性」

否、最大の武器です。


こういうことってありませんか?
アラビアンナイトのようなおとぎ話で、
薄いベールに隠されている美女・・・・・・
想像してください。


いかにも神秘的な雰囲気。


でも、ベールを取ると・・・・・

ただの婆ーさん。

それとか、街であまりの美しい「後姿」に思わず声をかけたら・・・・

後悔したことありませんか?


知らなければ、良かったことってありませんか?


というような後悔が・・・・


話はそれてしまいましたが、
レンジは上も下も拡がっていて、サスティン、パワーも増してます。
パワーなんかは、BURSTBUCKERというより、49系の方に近く感じます。
輪郭やアタックも高域がBURSTBUCKERより出ていますのでハッキリした音像です。
バランスは整っていて悪いピックアップではないと思います・・・・・
が、BURSTBUCKERを名乗るのも???という印象です。


確かにヴィンテージ系というのも判るのですが・・・・・
「ちょっとな〜〜〜中途半端」
と言うのが正直な印象です。

ヴィンテージ系で勝負するなら
「味が決定的に足りない」

モダン系で勝負するなら
「新しさを感じない」


パワー系で勝負するなら
「パワーが根本的に足りない」



何よりも、この値段!!

あなたは出せますか?

これだけの値段を出すなら、選択肢はもっと色々あると思います。
BURSTBUCKER PROを選ばなくてはいけない理由が私には見出せませんでした。

もっと値段が安ければ、購買意欲も高まるのですが・・・・
これなら、普通のBurstbuckerをもう一つ買った方が良いと思います。


 







ピックアップ大将HP(目指せ元帥!)

ピックアップ占い(のつもり)


posted by ぐーぴーぐーぴー at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | gibson



Original Album Classics・シリーズ
icon iconicon iconicon icon